【相性が知りたい人必見】九星気学から分かること|Fortune Life Journey
HOME>記事一覧>【相性が知りたい人必見】九星気学から分かること

用途と歴史

陰陽マーク

九星気学は古い歴史を持つ占いで、522年頃に中国から日本に伝わったと言われています。神社暦や、市販されているカレンダーにも九星による運勢が書かれていますので、目にしたことのある人も多いのではないでしょうか。九星気学は、生年月日と干支に五行を組み合わせて占います。運勢、相性、方位などを調べるために幅広く用いられています。江戸時代には「家相」などを占うのに使われたそうです。

陰陽マーク

どんなことが分かるのか

昔は、引越しの時期や、家相を調べるために用いられましたが、最近は相性を調べるために用いられることが多いのだとか。九星気学では、生まれてきた日によって、その人のエネルギーが決まると考えられています。九星気学は、60通りの組み合わせを用いて占いますが、相性などに限って占う場合、9パターンに分けて占います。すべての人を9パターンに分けるのは少ないと感じるかもしれませんが、的中率も高いのが九星気学の人気の秘密。相性はなにも恋愛に限ったものではなく、例えばビジネスの相手や、新しく友達になろうとするときなどにも便利。干支が分かれば占えますので、雑談中にさりげなく聞いておけば、性格や相性が占えます。

鑑定してもらうには

九星気学で相性や方角、家相などを占いたい場合、どういうふうに占い師を探せばいいでしょうか。カンタンに占いたいなら、九星気学を無料で占えるサイトなどもあります。有料でかなりしっかりと鑑定してくれるサイトもたくさんあります。その場合、メールで鑑定結果が送られてきます。でも、引越しや、新築の間取り、あるいはその時期などを鑑定してほしい場合などや、電話や対面など質問も相談もしたいという場合など、やはり信頼できる占い師を探したいですよね。

選ぶときのポイント

インターネットなどで検索してみると、九星気学の占い師を探すことができます。選ぶ際のポイントは、プロフィールで鑑定歴や、鑑定士の資格の有無、料金などをチェックしてみます。プロフィールの自己紹介書などで、人となりが感じられるかもしれません。投稿されている口コミや評価なども参考にしてみましょう。最近では、これまでの当たった確率なども公開しているサイトもあるようですので、こちらも参考になります。相性や、方角、その年の運勢などを考慮してより幸せな毎日を過ごしたいものですね。

広告募集中